【初級〜上級まで】セックスの体位48手のすべてをイラスト付きで徹底紹介

48手にはどんな体位があるんだろう」とお考えですね。

セックスには「48種類の体位」があると言われますが、せっかくならばどんな体位があるのか詳しく知っておきたいですよね。

できるだけ多くの対位を知っていれば、いつものセックスがもっと楽しいものになるかと思います。

そこでこの記事では、正しい体位のカタチを48種類すべてご紹介していきます。

初心者から、中級者、上級者別にわかりやすく解説しているので、あなたに合わせてチョイスしてみてください。

中には見たこともないアクロバティックな体位までありますよ。

今後のセックスライフに、マンネリ化防止のためにもぜひお役立てくださいね。

セックスの体位とは?

セックスの体位といえば、正常位やバックなど合体している状態をイメージする人も多いのではないでしょうか?

日本に伝わる「江戸四十八手」の場合は、前戯も含めているんです。

この「四十八手」は相撲の決まり手が起源になっています。

しかも、本当は裏表合わせて九十六手もあるそうです!

江戸時代の人はセックスへの探求心が奥深かったんでしょうね。

ここからは、基本の体位から48手を難易度の低いものから解説していきます。

江戸遊女はこの48手で美しいボディラインを手に入れていたとも言われているので、女性はヨガポーズのように捉えてみると美容効果も高まりますよ。

知っておきたい基本の体位

まずは基本のセックス体位からご紹介していきます!

基本だけでも9つあるので、やったことない体位があれば次回チャレンジしてみましょう。

基本の体位1.正常位


正常位(せいじょうい)は、男性が女性に覆いかぶさり、お互いが向かい合う基本的な体位です。

クリトリスを刺激しやすく表情も確認し合えるので、初めてのときでも安心感があります。

基本の体位2.騎乗位


騎乗位(きじょうい)は、仰向けになった男性の上に女性がまたがる体位です。

女性が男性を見下ろす形になり、女性に主導権を渡すことも可能に。

意外とこの体位が好きな男性も多いので、女性も遠慮せず積極的に攻めてみましょう。

基本の体位3.後背位


後背位(こうはいい)とはいわゆるバックのことです。

四つん這いになった女性を後ろから挿入するというかたちになります。

女性の腰をつかむことでお尻を高く持ち上げることになり、女性器が丸見えになる恥ずかしさもありますが、男性は支配感が味わえるようです。

基本の体位4.座位


座位(ざい)は、男性が座っている上に女性がまたがって挿入する体位で、騎乗位の応用スタイルです。

お互いの顔が近くなって密着度も高く、男性器が奥まで入りやすくなります。

図のように女性が背を向けた場合は背面座位と呼びます。

基本の体位5.側位


側位(そくい)は、添い寝状態のまま挿入する体位

ピストン運動はしにくいですが、子宮の横壁を刺激して変化を楽しめます。

男性は女性の足を持ちあげることで挿入しやすくなりますよ。

基本の体位6.後側位


側位のアレンジバージョンで、女性の後ろから挿入するのが後側位(こうそくい)

背後から女性の胸やクリトリスを刺激しやすく、表情が見えないところも感度を高めるポイントになります。

基本の体位7.伸長位


伸長位(しんちょうい)は、あお向け寝して足もピンと伸ばした女性に挿入する体位です。

女性が子宮に集中しやすい形なので膣イキを狙いやすいですが、男性は奥まで挿入しにくく、大きな腰振りが求められます。

基本の体位8.屈曲位


屈曲位(くっきょくい)は、あお向け状態の女性の足を持ちあげるなどして、腰を高めの位置に上げて挿入する体位

女性器が丸見えになりかなり大胆なスタイルです。

男性は正常位よりも前かがみになるため奥まで挿入しやすくなります。

基本の体位9.立位


立位(りつい)はその名の通り、立った状態で下から挿入する体位です。

女性は壁によりかかったりするとバランスを取りやすくなり、足を持ちあげるなどのアレンジも可能。

後ろから挿入すれば背面立位(はいめんりつい)、いわゆる立ちバックになります。

前戯で使える8手

ここからはいよいよ48手の解説に入ります。

まずはフェラチオやクンニで使える前戯の体位からご紹介していきますね!

前戯1.椋鳥(むくどり)


椋鳥(むくどり)は、あお向け寝の女性の上に男性が逆向きで覆いかぶさる、いわゆる69(シックスナイン)の1つです。

男性が上位なので女性はリードされる形になります。

クンニされながらもフェラチオができますが、男性の方は腰を動かしやすいので女性は拘束感を味わえドMな女性にぴったりでしょう。

前戯2.二つ巴(ふたつどもえ)


二つ巴(ふたつどもえ)は、女性上位になるシックスナインです。

男性は仰向けに寝転び、女性は男性の顔の上に座ります。

そして、女性はフェラチオをし、男性はクンニをするという前戯の一種です。

女性が男性の上に覆いかぶさることで、女性がリードしやすくなります。

前戯3.寄り添い


寄り添いは、男性が女性の横に寄り添いながらイチャイチャするだけでOKな前戯でも後戯でも使える体位です。

手を使って愛撫するのもいいですが、上級者なら舌をつかってスキンシップを図るのも良いですね。

セックス前後に取り入れることでリラックスでき、さらに愛も深まるでしょう。

前戯4.鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)


鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)とは、口と唇のみをつかって愛撫する方法です。

主に男性があお向け寝した女性の全身にするものですが、お互いチュンチュンとうぐいすのようにじゃれ合うのを楽しむのです。

前戯5.雁が首(かりがくび)


雁が首(かりがくび)はまさにフェラチオの呼び名です。

横たわった男性の性器を正面から口で刺激しましょう。

前戯6.岩清水(いわしみず)


岩清水(いわしみず)、これは顔面騎乗のクンニのことです。

あお向け寝の男性の口もとに女性がまたがり、クリトリスを攻めます。

垂れてくる女性の愛液を昔の人は「岩清水」と表現したようです。

前戯7.立ち花菱(たちはなびし)


立ち花菱(たちはなびし)は、仰向けに寝た女性の腰の下に枕を入れてするクンニをすることです。

腰を浮かせることで、女性器が丸見えになるのでクンニしやすくなります。

特に、膣が肛門近くについている「下付き」女性にはぴったりです。

そして、枕ではなくタオルにすると、汚れにくくなるので実用的に!

前戯8.千鳥の曲(ちどりのきょく)


千鳥の曲(ちどりのきょく)もフェラチオのひとつです。

雁が首と違うのは、口で男性器を愛撫しながら手では睾丸や乳首も刺激します。

女性が正座しながら音を立てる姿から、この名前がついたようです。

まずはここから!初心者向け体位10手

愛撫の次は、初心者向け体位のご紹介していきます。

古風な呼び名とともに覚えてくださいね!

初心者向け体位1.時雨茶臼(しぐれちゃうす)


時雨茶臼(しぐれちゃうす)とは、基本的な騎乗位のこと。

女性が腰を動かしても、男性が下から突き上げてもよし。

奥まで挿入しやすいので、短小に悩む男性にもおすすめです。

「茶臼」がつく体位はほかにもありますが、どれも女性が上に乗っているので、応用していきましょう。

初心者向け体位2.鳴門


鳴門は、後座位の体勢で女性の足を大開脚させて挿入する体位です。

M字開脚状態で、さらに円を描くように腰を回すところがポイント!

羞恥心子宮奥の刺激のどちらも味わえますよ。

初級者向け体位3.百閉(ひゃくへい)


百閉(ひゃくへい)は、仰向けになった男性の上に女性が座るという完全に女性が動く騎乗位のことです。

上下に動く時雨茶臼とは違い前後にグラインドしながらGスポットを探り、中イキを狙いたい女性におすすめの体位。

初めてセックスをする人でも簡単にできる体位なので、一度はやってみるといいですね。

初心者向け体位4.深山(みやま)


深山(みやま)は、正常位スタイルのまま女性の両足をV字に高く持ち上げて挿入する体位

深い刺激と恥じらいも与えられるスタイルです。

女性の足を高く持ち上げるときに、少しお尻を浮かせるとペニスも根本まで挿入することができます。

初心者向け体位5.鵯越え(ひよどりごえ)


鵯越え(ひよどりごえ)とは、基本的なバックのことです。

女性は四つん這いになり、その後ろから男性は挿入します。

鵯越えは、ペニスの角度がとてもよくお互いに気持ちよさを味わうことができるのが特徴です。

また、膣の奥までペニスを挿入することができ、中出しをすると膣の奥にまで精液を送り出すことができます。

そして、子宮に精液が入りやすくなるので、妊娠しやすい体位とも言えるのです。

初心者向け体位6.こたつがかり


こたつがかりは名前の通り、こたつの中でする体位です。

こたつで座っている男性の上に、同じ向きで女性がまたがって挿入します。

激しく動くのではなく、男性が下から突き上げるように動くことでいつもと違った快感が味わえるでしょう。

初心者向け体位7.絞り芙蓉(しぼりふよう)


絞り芙蓉(しぼりふよう)とは、足を閉じて座った男性の上に同じ向きの女性がまたがる体位のこと。

女性がしゃがんだ状態で、ゆっくりと挿入するイメージです。

同じ方向を向いて挿入し、男性は女性の身体を後ろから触り放題になります。

女性は、上下に動きペニスをこすりあげましょう。

初心者向け体位8.うしろやぐら


うしろやぐらとはまさに立ちバックのことです。

女性が壁に手をついた状態で、後ろから挿入を楽しみます。

二人とも立った状態でするので、狭い場所でセックスするときにはもってこいの体位です。

初級者向け体位9.碁盤攻め(ごばんぜめ)


碁盤攻め(ごばんぜめ)は、女性がベッドや机に手をついてお尻を高く上げたバックの体位です。

低いものに手をつくと、さらに女性器を突き出す格好になるので、男性の興奮度はアップします。

初級者向け体位10.茶臼のばし


茶臼のばしは、騎乗位のように女性が上に乗りますが、男性の上半身に抱きつくように足を伸ばすのがポイントです。

動きにくい分、お互いの顔が近づくのでキスをしながらじゃれ合うように楽しめます。

セックスを楽しみたい人必見!中級者向け体位16手

ここからは中級者向けの48手にうつります。

初心者編のアレンジも多いので、試すことでセックスにバリエーションがつけられます。

中級者向け体位1.帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)


帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)とは、騎乗位スタイルのまま男性が女性の片足を肩に乗せるもの。

男性側からは挿入部分がしっかり見える、とっても恥ずかしい体位です。

そして、女性の胸やクリトリスを愛撫しながら楽しめるので、覚えておきたい体位の一つですね。

中級者向け体位2.仏壇返し(ぶつだんがえし)


仏壇返し(ぶつだんがえし)というのは、女性が前屈した状態で後ろから挿入するバックスタイル

女性は、立った状態から両手を床につかないといけないので柔軟性が求められる体位です。

仏壇返しでは、ペニスを膣の奥深くに挿入することができ、Gスポットを刺激できます。

女性は、足を広げたほうが安定性が高まるでしょう。

中級者向け体位3.宝船


宝船とは、騎乗位をアレンジしたものです。

男性が仰向けになり片足を帆のように立て、女性は足を広げて挿入する変わった体位。

普通の騎乗位よりもクリトリスへの刺激も強く感じられ、クリイキもできるでしょう。

中級者向け体位4.菊一文字(きくいちもんじ)


菊一文字(きくいちもんじ)は、横向きに足を開いた女性があお向けになった男性の上に座り、挿入とクリトリスいじりを楽しむスタイル

側位と騎乗位が混ざったような体位ですが、女性器が丸見えになるのでかなり恥ずかしいセックスができます。

菊一文字は、女性が少し挿入する角度を変えることで、快感も変わってくるので、いろいろな楽しみ方をしてみましょう。

中級者向け体位5.つり橋


つり橋は、ひざ立ちの男性の上に女性がまたがり下半身を空中に浮かせて、グラインドをするという体位。

ペニスの長さはあまり関係ないので、短小ペニスでお悩みの人はこちらを試してみてください。

支える側の男性は筋肉に自信がなければ成功せず、無理をすると腰がやられてしまうので、張り切りすぎないようにしましょう。

中級者向け体位6.本駒駆け(ほんこまがけ)


本駒駆け(ほんこまがけ)とは、体育座りした男性の上に女性がまたがる背面座位のことです。

女性がしっかり足をつくことで、下から突き上げられやすくなります。

また、奥まで挿入でき、激しくピストンすることもできるので対面座位よりも気持ち良さが違うでしょう。

中級者向け体位7.乱れ牡丹(みだれぼたん)


乱れ牡丹(みだれぼたん)は、足を伸ばして座った男性の上に、女性が開脚して背面からまたがる座位の一つです。

女性は男性に身を預けて、男性は女性の乳首やクリトリスを刺激すれば、まさに乱れた花のようになるでしょう。

中級者向け体位8.抱き地蔵


抱き地蔵というのは、椅子やベッドに座った男性の上に、女性がひざ立ちでまたがる対面座位のことです。

男性が女性を大切に抱くことで、女性は上下にグラインドできるようになり、男性からの攻めもしやすくなります。

女性は、男性の首や背中に腕を回すことでさらに動きやすくなるでしょう。

中級者向け体位9.締め小股


締め小股というのは、正常位の状態で女性が股をギュッと締めた状態で挿入を楽しむ体位です。

女性は、太ももの内側に力を入れるように締めることで、膣内もキュッと締まります。

遅漏の男性でもこの強い締め付けなら、快感を得ることができるはずです。

上級者向け体位10.押し車


押し車は、バックの状態で女性の足を高く持ちあげるという、かなり難易度が高いもの。

ちょうど手押し車のようになります。

女性は、腕立て伏せのような体勢を維持しながら前進するのでかなり筋力が必要になります。

しかし、女性の太ももに力が入るので膣の締まりは格段です。

中級者向け体位11.抱き上げ


抱き上げもバックのアレンジです。

女性は両手を床に、男性はひざ立ち状態で女性の足を持ちあげるという体位です。

うで立て伏せとスクワットをやっているようなスタイルなので、筋力アップしたいカップルにおすすめ。

中級者向け体位12.立ち鼎(たちかなえ)


立ち鼎(たちかなえ)は、向かい合った立位の状態から女性が片足を上げて挿入するスタイル。

片足なので不安定感と挿入の快感と、どちらも味わえるでしょう。

また、立ったままできるので場所を選ばずにできますね。

中級者向け体位13.御所車(ごしょぐるま)


御所車(ごしょぐるま)というのは、騎乗位でつながったまま男性の上を回転するという、遊び心満点の体位なんです。

別名「ナイアガラの滝落とし」や「タケコプター」とも呼ばれています。

女性がぐるぐると回るので、男性は膣のいろいろな感触を味わうことができるでしょう。

2人の親密度を上げるためにもぜひ試してみてください。

中級者向け体位14.燕返し(つばめがえし)


燕返し(つばめがえし)は、後背位から女性の片足を後ろにピンと持ち上げた状態で挿入する体位です。

女性の足を持ち上げて挿入するので、いつもより深く挿入することができます。

Gスポットに当てやすいですが女性はかなりキツイ体勢なので、無理せず行ってください。

中級者向け体位15.こたつ隠れ


こたつ隠れというのは、向かい合ってこたつに入っている状態で挿入する体位のことです。

これは小さなこたつ限定になりそうですが、冬限定の楽しみとしてぜひトライしてみましょう。

中級者向け体位16.しがらみ


しがらみは、正常位のまま女性が足を閉じてペニスを締め付ける体位です。

男性も足を伸ばして、2人の足を絡ませながら密着度を高めた状態で行います。

クリトリスを刺激しつつ、浅い挿入でも射精ができる、スローセックス向きのスタイルです。

もっとセックスを盛り上げたい!上級者向け体位14手

ここからは上級者向けの48手をご紹介していきます。

先ほどの中級者編でもアクロバティックな体位がいくつかありましたが、上級者編はもっと激しく、もっと深く愛し合えるスタイルばかりです。

体力に自信がないとできないものもありますが、無理せず少しずつチャレンジしてみてくださいね。

上級者向け体位1.手懸け


手懸けは、椅子やベッドに座った男性の上に女性が上から座るという背面座位のひとつ。

女性が腰を浮かせて上下運動をするという、女性にとっては恥ずかしく、男性は大興奮できる体位です。

また、男性はクリトリスも愛撫することができるので、なかなかイケない女性におすすめ!

上級者向け体位2.理非知らず(りひしらず)


理非知らず(りひしらず)は、48手の中でも小道具をつかった珍しい体位のこと。

体育座りの女性の手首と足首を縛った状態でセックスをします。

江戸時代の人にもSM趣向があったことがわかりますね。

上級者向け体位3.首引き恋慕(くびひきれんぼ)


首引き恋慕(くびひきれんぼ)も縄をつかうのですが、まず座位で正面に向かい合った状態で挿入します。

そして、お互いの首に縄をかけて距離を縮めるというスリルを味わうような体位です。

縄で締めすぎないよう注意をしましょうね。

上級者向け体位4.窓の月


窓の月というのは、横向きに寝転んだ女性の後ろから男性が挿入する側位のひとつ。

横向きなので、深くは挿入できませんが男性は両手が空くので女性を愛撫して刺激するといいですね。

また挿入しにくいので、女性は足を広げるのがポイントです。

上級者向け体位5.獅子舞


獅子舞も座位のひとつですが、女性の足を男性の肩の上に乗せるのでかなりアクロバティックな体位です。

女性は両手を後ろについて体重を支えますが、身体の硬い女性には少しつらいでしょう。

女性が足を高く上げることで、膣が締まり、気持ち良さがアップします。

上級者向け体位6.流鏑馬(やぶさめ)


流鏑馬(やぶさめ)は馬に乗った名前のイメージ通り、女性が縄を男性の首にかけて騎乗位を楽しむものです。

実際に縄でなくても、ネクタイやベルトでもOK!

女王様気分を味わいたい女性は、一度お試しください。

上級者向け体位7.浮き橋


浮き橋というのは、後背位の状態から女性が体を横に倒し、男性は膝立ちになって挿入する体位のこと。

ペニスと膣口が垂直になるように、男性は女性の腰を下から支えるようにしましょう。

丸まったからだが浮き橋のように見え、いつもとちがう挿入感が楽しめますよ。

上級者向け体位8.テコがかり


テコがかりは、男性が上になった69(シックスナイン)の体勢から男性が少し前進して挿入するという、かなり難易度が高い体位です。

膣の角度が逆向きで挿入することになるので、ペニスを反らせないといけません。

しかし、いつもと違った快感は女性を虜にするでしょう。

上級者向け体位9.松葉崩し


松葉崩しは、正常位から女性の片足を上げて挿入する体位です。

お互いの体をずらしながら、気持ちいい角度と深さが探求できます。

また、松葉崩しは女性が中イキしやすく人気なのです。

男性は女性の足にしがみながらピストン運動を行ってみましょう。

上級者向け体位10.撞木ぞり(しゅもくぞり)


撞木ぞり(しゅもくぞり)は、騎乗位と後背位がまざった体位でやや複雑。

あお向け状態の男性の上に同じ向きで女性がまたがって挿入したら、そのまま女性は寝ころびます。

女性は、少し体を反らせブリッジをするような形になり、男性はしたから突き上げることでGスポットにも当たるはずです。

そのまま座位へも移りやすく、つながった部分を鏡で確認し合えば興奮度もアップするでしょう。

上級者向け体位11.達磨返し(だるまがえし)


達磨返し(だるまがえし)は正常位のまま女性は体育座りのように足を閉じ、そのまま男性は抱きかかえるように挿入するという体位です。

いつもより深く挿入できるのと、女性が身動きしづらいのでなすがままの状態も楽しめます。

男性は、微調整もしやすく、動かしやすいので女性の性感を刺激し続けることができるでしょう。

上級者向け体位12.鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)


48手中最も長い名前であり、最もアクロバティック性が高いものです。

やり方は、男性がうつ伏せになった女性が逆立ちするように足を持ち上げます。

そして、そのままクンニで攻める!というスゴ技。

筋力に自信のある彼女が相手なら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

上級者向け体位13.立ち松葉


立ち松葉は、松葉くずしの立ちバージョン

女性は仰向けになり足を高くあげ、男性は女性の足を持ちあげながら挿入するという難易度の高い体位です。

あまりメリットもなく、ただただ達成感を味わえるというネタ的な存在でしょう。

上級者向け体位14.千鳥


千鳥という体位は、ひざを曲げて座ったような状態のまま正常位のように挿入するものです。

女性の太ももが締まり、膣もぎゅっと締まるので、男性は締め付け感が気持ちいいでしょう。

一見簡単そうに見えますが、体の硬い女性には不可能です。

日ごろから柔軟な彼女が相手ならぜひトライしてみては!

まとめ

江戸四十八手をすべて解説してきましたが、すでに経験済みの体位もあったのではないでしょうか?

「そんな体勢ムリ!」と思うものもたくさんありますよね。

でも2人でトライするだけで、気がつけばマンネリが解消されているでしょう。

イチャイチャしながら色々な体位にチャレンジしてみてくださいね!

また、言葉だとイマイチわからない…という人はFANZAで見れる「マスターするまで帰れません!48体位すべて覚えるまで終わらないSEX 皆野あい」を見てみましょう。

解説しながら、クイズ方式になっているので覚えやすいかと思います。

また、女優さんの好きな体位も教えてくれるで、まずはそれらの体位を実践してみるのもいいでしょう♪

FANZA

色んな体位が見れるおすすめAV!


この動画は体位紹介ではないですが比較的色々な体位が見れるAVなのでおすすめです!

また男優さんも複数人出ているので同じ体位でも違った雰囲気を味わえます。

内容はドラマ調なのでセックス以外のシーンでも楽しむことができますよ!

実際に今日紹介した絵のような体位でピストンした際、体位の変え方や腰の動き、手の使い方など勉強になる点が多いです。

AVを見たことがない人にも見やすい動画になっているので気になる人はチェックしてみてください♪

さくらの恋猫

ピックアップ記事

関連記事一覧