ヘルスケア

食物繊維と腸内フローラにはどんな関係がある?

食物繊維と腸内フローラは非常に深い関係にあります。

基本的に食物繊維の摂取は、腸内環境を良い状態に保って、排便しやすくする効果のほかに、善玉菌を活性化させるなどの効果が期待されており、腸内フローラのバランスを良好に保つことに大いに貢献します。

しっかりと腸内フローラのバランスを整えることは、健康にとって大変大事なことなのです。

そこで、今回は食物繊維と腸内フローラについて、さらに詳しくお話していきます。

善玉菌をしっかり機能させていることが前提

腸内フローラのバランスとは

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3つの菌が存在しており、最も理想なバランスの状態が、

善玉菌が2割:悪玉菌が1割:日和見菌が7割

と言われています。

この中の7割を占める日和見菌と呼ばれる菌は、腸内で活動する際、善玉菌、悪玉菌のうち優勢な方の味方をします。

よって、腸内において善玉菌が悪玉菌より優位な状態を保つことが大切なのです。

もし、悪玉菌が優位になってしまっている場合は、日和見菌が悪玉菌の加勢をし、腸機能の低下につながりいろいろな病気を呼び起こす原因にもなります。

このような人は要注意

肉中心の食生活の人

ここ最近では日本人の食生活も欧米寄りの食事が主流になってきています。

欧米寄りの食事は、肉類を始め高コレステロールの食事が多く、特に肉類は胃で完全に消化されることなく腸に運ばれていくため、腐敗し、悪玉菌のエサとなります。

そのため、そのような食生活が中心で、まして食物繊維の摂取が足りていない人は、悪玉菌が日に日に優位になっていき、腸内環境(腸内フローラ)のバランスが崩れしまいます。

ストレスが多い人

さらに、ストレスが多い人も要注意です。

腸のぜんどう運動は「自律神経」により大きく左右されます。

ストレスによって「自律神経」のバランスが崩れることにより、ぜんどう運動は抑制され、便が排出されにくくなったり(便秘)、下痢気味(軟便)になったりします。

最悪その状態が続くと、風邪などの細菌への感染率を高め、免疫力の低下による病気や病原菌に対する抵抗力・治癒力の低下にもつながると言われています。

腸内フローラを保つためにはこれ

そこでバランスが悪くなった腸内を整えてくれるものとして登場するのが食物繊維やオリゴ糖です。

食物繊維やオリゴ糖は、善玉菌のエサとなるため、摂取することで善玉菌を活性化させ、腸内環境(腸内フローラ)を整えることに大いに貢献します。

そのため、食物繊維を摂取し始めて、腸内環境の一番のバロメーター、便通が良くなった(便秘・軟便の改善)という場合には、善玉菌が活性化し腸内環境が整ってきていると考えることができます。

このような場合は、さらに食物繊維をしっかりと摂っていくことで、より一層、腸内環境が整い本当の意味での健康を手に入れることが出来るでしょう。

全く便通(便秘・軟便)の改善傾向が見られない人

しかし、食物繊維をいくら摂取しても中々効果を感じられず、改善の兆しが見えないという方は、さらにオリゴ糖を摂取していくことをお勧めします。

オリゴ糖は善玉菌にとって食物繊維以上に餌になり、エネルギーとなってくれます。

いずれにしても、食物繊維・オリゴ糖を摂取したからと言って、すぐに善玉菌が元気になり、悪玉菌と対抗できるようになるわけではありません。
時間をかけて、じっくりと善玉菌を活性化させていく必要があります。

 

まずは日常生活を見直してみましょう


悪玉菌が増える原因を作ってしまっている人は、いろいろなことが原因でバランスが乱れている可能性がありますので、まずは一度日常生活を見直してみましょう。

食生活の見直し

食生活に関しては、まずは肉類・高コレステロールの食生活の見直しと食物繊維やオリゴ糖の摂取を増やし、いかにして善玉菌を活性化させていくかがとても大切になります。

しかし、実は食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類に分類されるため自分の目的にあったものを選ぶことが非常に大事です。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違い

ダイエットを目的にしたい人は水溶性食物繊維が入ったサプリメントがオススメです。

それは、その名の通り水に溶ける種類の食物繊維です。

水分保持力が強く、水に溶けるとドロドロのゲル状に変化するため、ダイエットに効果を発揮します。

【水溶性食物繊維が多く含まれる食品例】
ペクチン(リンゴ、ミカン等の果物、芋類、 キャベツや大根等の野菜類)
ヘミセルロース(こんぶやわかめなどの海藻類等)
ガム質(大豆やカラス麦等の麦類、海藻類等)

便秘を解消させたい人は、不溶性食物繊維が入ったサプリメントを摂取することをオススメします。

水に溶けない食物繊維のため、便のかさ増しや、腸が刺激されることでぜんどう運動が活発になり、便通を促進してくれますし、体にとって有毒な物質を排泄するデトックス効果も期待されています。

【不溶性食物繊維の食品例】
セルロース(大豆、ごぼう、小麦ふすま、穀類など)
ヘミセルロース(小麦ふすま、大豆、穀類、野菜類など)
リグニン(小麦ふすま、穀類、完熟野菜類など)

ただ、どちらかだけ摂ればいいというわけでもなく、食物繊維は、水溶性 1:不溶性 2 程度のバランスになることが理想とされています。

サプリメントがオススメ

ただ、いきなり食生活見直しましょう、と言われても日中働いている方や一人暮らしの方にとっては、ハードルが高いと思う方がほとんどではないでしょうか。

そのような方には、サプリメントで補うことをオススメします。

さらに、腸内環境(腸内フローラ)を整えていくためには、不溶性食物繊維が配合されたものがよいでしょう。

不溶性食物繊維には、上記以外にも近年注目されている甲殻類に含まれる「キトサン」という成分があります。

美容分野だけでなく、最近では、青汁にも配合されておりコレステロールを吸収抑制する効果も期待されています。

キトサンには高分子・中分子・低分子と色々な種類がありますが、キトサンでも機能性が高いと言われているのは、食物繊維に当たる高分子(なるべく分子量の高い物)と超低分子のオリゴ糖の二種類がお勧めです。

前述したように、それぞれメリットも異なるため両方を摂取したほうがいいと言われています。沢山の中から選ぶ時には分子量を表記している物を選ばれることをお勧めします。

オススメのサプリは”カニから高分子”

そこでオススメなのが『カニから高分子』

前述でも紹介した高分子のキトサンと超低分子キトサンオリゴ糖が摂れるサプリメントなんです!

業界トップクラスの配合量で、100%国産のキトサンを使用しているので安心です。

『カニから高分子』なら腸内環境を整えてくれて、美容・健康をサポートしてくれますよ!

⇒カニから高分子の公式サイト

 

 

ストレス軽減のために

ストレス発散のための運動は、腸のぜんどう運動を活発にしてくれますので、自分が苦にならない程度の運動を1日の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • ジョギング
  • ウォーキング
  • ジム
  • ヨガ

などがおすすめです。

運動をすることで、質の良い睡眠がとれるようになり、さらに湯船に浸かる時間も取ることができれば身体をリラックスさせることができるため、善玉菌をより活性化させることに有効です。

 

まとめ

腸内環境(腸内フローラ)を整えることは便通だけでなく、あらゆる病気に打ち勝つ強い体作りには欠かせないと言われています。
(万病のもとは腸にあり!)

食物繊維とオリゴ糖は腸内環境(腸内フローラ)を整える為には大きな味方ですし、これらを安定的に摂ることは、腸の状態を良くすることにつながります。

しかし、ただやみくもにこれらを摂るのではなく、バランスを意識しながら摂っていきましょう。

まずは、出来る限り食生活を整え、おすすめしたサプリの『カニから高分子』などを活用し食物繊維・オリゴ糖摂取に心がけましょう。

あとは、時間を見つけて適度な運動も忘れずに。

⇒カニから高分子の公式サイト

PAGE TOP