デリケートゾーンに黒ずみが!なんでこうなるの?

デリケートゾーンに黒ずみがあると恥ずかしいし、彼氏とのエッチの時に見られたらそれこそケアしていないと思われてしまいそうで、女性としての自信もなくしてしまいそうですよね。

しかも知らないうちにいつの間にか黒くなっています。

でもなぜデリケートゾーンは黒くなりやすいんでしょうか?

デリケートゾーンが黒ずみになるメカニズムについて


異常があるわけでもないのにデリケートゾーンがいつの間にか黒ずみになってしまうメカニズムとは何か、今後さらに黒ずみを濃くする前に原因を知ることで、正しいケアをすることができます。

黒くなるのは日焼けと同じメカニズム

肌が日焼けをすると、軽い火傷をしたように赤くヒリヒリした後、色が黒くなりますよね。

これは強い日差し(紫外線)を受けて肌が刺激を受けると、肌の奥にあるメラニン色素を作り出すメラノサイトという細胞に、「メラニン色素を作って肌を守れ」と命令が行きます。

その結果、日焼けをすると肌が黒くなります。

つまり肌が刺激を受けることによって、体は肌を守るためにメラニン色素を作り出します。

特にデリケートゾーンが黒ずむ原因

摩擦による刺激はデリケートゾーンばかりではないので、なぜデリケートゾーンばかりが黒ずんでしまうのでしょうか。

それは常に刺激を受け続けることで、メラニン色素が蓄積して現れるのが黒ずみの原因ですが、デリケートゾンは他の影響もあります。

日頃からボディーソープで念入りに洗っている
アンダーヘアの処理でカミソリやシェイバーを使っている
きつい下着やおりものシート、ナプキン、アンダーヘアなどの摩擦

などによって刺激を受け続けています。

またターンオーバーの乱れでメラニン色素がうまく排出されていないといった理由もあります。

セックスをたくさんするほど黒ずむ?

セックスをたくさんするとデリートゾーンが黒ずむと思い込んでいるケースがありますが、セックスの回数は関係ありません。

「アソコが黒いから、この子は遊んでる」と勘違いしている男性もいるようです。

誰とも経験がなくても、デリケートゾーンに黒ずみがある人はいます。

黒ずみはメラニン色素の沈着です。

下着やアンダーヘヤー、またタイツやボトムスなどで締め付けられ常に摩擦があります。

セックスだけで黒ずむわけではありませんし、体質的に色素沈着しやすいケースもあります。

セックスの際の摩擦を小さくするためには、濡れていることが大切になります。

こちらの記事ではデリケートゾーンの黒ずみの原因についてさらに詳しく説明しているのでチェック♪。

デリケートゾーンの黒ずみ対策とは?


これ以上の黒ずみ防止、色を薄くするには、肌への刺激を少なくし、ターンオーバーを促すことが大切です。

具体的な対処法をご紹介します。

下着を変える

下着からの刺激をなくすためにはノーパンしかありませんが、さすがに抵抗があります。

したがって肌に優しい素材を選ぶことがポイントです。

ポリエステル素材の下着は可愛いデザインが多いですが、肌に優しい素材ではありません。

できればコットン100%、シルク、オーガニック素材などの肌に刺激が少ないものを選びましょう。

また締め付けが強いと肌への摩擦が大きくなるので、切りっぱなし素材などのストレスの少ないものを選ぶのがいいですよ。

黒ずみ解消用の石鹸

黒ずみ解消に特化したデリケートゾーン専用の石鹸などが売られています。

そういったものを使って、刺激を与えないように優しく洗いましょう。

黒ずみ防止成分が含まれているので、泡だてスポンジなどを使うのではなく手で洗うことがポイント

泡が残らないようによくすすぎましょう。

こちらの記事ではVIOにオススメの黒ずみ解消石鹸について紹介していますよ♪

保湿をする

デリケートゾーン用の保湿クリームを使うのも大切です。

下着やおりものシートからの刺激を少しでも軽減するために、保湿クリームを塗っておくと滑りも良くなり摩擦だけでなく、かぶれなども防ぐことができます。

入浴後や、朝の外出前に保湿しておくといいですよ。

こちらの記事ではVIOにオススメの保湿クリームについて紹介しています♪

ターンオーバーを正常化させる

疲れや寝不足、ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れ、ターンオーバーが乱れる原因になります。

ターンオーバーを促す成長ホルモンは夜22時から深夜2時がピークになります。

これがゴールデンタイムです。

せめて24時までには睡眠に入ることで、睡眠中の3〜4時間の中でターンオーバが促進されます。

夜更かしはできるだけ24時までにしましょう。

新陳代謝のためにタンパク質を摂る

肌の新陳代謝にはバランスのとれた食事が大切です。

特に肌の細胞を作るタンパク質をしっかり摂りましょう。

赤身のタンパク質も大事ですが、女性ホルモンの分泌を促す大豆類のタンパク質が効果的です。

またメラニン色素の排出を促すビタミンCも重要です。

ビタミンCは熱を加えると壊れやすいので、できるだけサラダのように生で摂取しましょう。

デリケートゾーンの黒ずみについてのまとめ

黒ずみが気になると彼氏とのエッチにも自信がなくなりますよね。

原因は摩擦を与えることでメラニン色素が沈着するからです。

日頃からできるだけ摩擦を減らし、黒ずみケアをすることが大切です。

デリケートゾーンもオーガニックケアで解決!オススメアイテム8選ではソープやクリームなど紹介しています♪

さくらの恋猫

ピックアップ記事

関連記事一覧